スパ合宿 in チェンマイ ~2日目午後 アーユルヴェーダ~

気がつけば、タイから戻ってきて早や1ヶ月が過ぎていました。
なんだか遠い昔のような気がしています。
タイ取材の記事も無事某誌に掲載の運びとなりました。
スパで極楽なひとときもどこへやら、原稿書きに追われています。
記憶が薄れないうちに最後のレポを。。

食後、再びスパ棟に戻る。
いよいよ最後のメニュー、「アーユルヴェーダ」を受ける。
午前中と同じようにフットマッサージを受け、個室へと
案内される。


こちらの写真はシロダラトリートメントに用いる器具。
ボウルのような部分にDr.スシル特製のオリジナルブレンドオイル
が入り、下の管から額に向けてオイルを落としていく仕組み。
人肌より少し温かいオイルが額に落ちていく。

セラピストが器具をゆらゆら動かし(たぶん、目を閉じているので
詳細は不明)、額全体にオイルがしたたる。
オイルはそのまま髪へと流れ落ち、頭皮にもオイルの温度が伝わる。
夢なのか起きているのかよくわからない感覚に陥る。

オイルが全部流れ終わったら、ヘッドマッサージ。
髪をぐいっと引っ張り、頭皮に刺激を与えられるのがまた気持ちいい。
その後は全身へのマッサージ。さきほどと同じく、温かいオイルが
体にたらりと流されるだけで夢見心地。そこにタイマッサージの
ような動きを取り入れたマッサージが加わる。

こうして私のスパ合宿は終了した。
着替えて一段落したところでDr.スシルにもご挨拶。
最後にもう一度オーラを見ていただくことに。
「今はトリートメントの直後だということもあるけど、前回の
オーラより落ち着いているし、いい状態になっている」
とお褒めの言葉をいただく。

ちょうど台湾から雑誌の取材が入っており、オーラ診断の様子を
撮影されるハメに。。しかもスパ体験のインタビューまで
受けることに。いつもは取材する側なのに、取材されるのは本当に
辛い…。しかも英語でだなんて勘弁してほしい(泣)。

ホテルの車で空港に行き、バンコク経由で成田に戻る。
バンコクのスワンナプーム国際空港では3時間ほどの待ち。
iPhone片手に野良電波を探すものの、見つけることができず。
無線LANを使える店を探すことに。

とあるレストランは「無線LANあります」と看板を出していた。
入り口のおじさんに聞くと「料理を注文したらタダ」という。
この際、味なんてどうでもいい。この店に即決。

東京にいる友達とskypeでチャットしたりして過ごす。便利な世の中。
しかし、ネットにつながってほっとした直後、相当ネットに依存
しているな~私、などとしばし考えてしまった。

by 吉川明子 | 4.11.2010 | Category:
スパ合宿 in チェンマイ ~1日目・衝撃の腸内洗浄~
スパ合宿 in チェンマイ ~1日目後半・アカスリおばちゃんが来た。~
スパ合宿 in チェンマイ ~2日目午前 タイ古式マッサージ~
スパ合宿 in チェンマイ ~2日目午後 アーユルヴェーダ~
気づけば4月も半ばを過ぎて。
沖縄に行っておりました。
超久々のブログ更新。